カテゴリー:生活の記事一覧

生活と文化断章

生活を豊かで便利にしてくれる情報の掲載に努めています

カテゴリー:生活

トレッキングが大はやり

いま、トレッキングが大はやりで旅行会社のツアー企画でも「屋久島トレッキング」とか「沖縄 リバートレッキング」などのように○○トレッキングという言葉がみうけられます。

トレッキングとは、分かりやすくいうと「山歩き」ということです。山歩きなので登山との違いはといえば、登山はその山の頂上を制覇することを目的としているのに対して、トレッキングは山の中を歩くことそのこと自体を楽しむいわば、山中ウォーキングといったものになるでしょうか。

日本には低い山が多く、夏には重装備でなくても登山ができるのことからトレッキングとの違いという点からはあいまいになっているところがあるようです。

トレッキングに人気がある現在では最初に例に挙げた川沿いの景色を楽しみながらのリバートレッキングとか、雪の中を歩いて楽しむスノートレッキングなども人気を集めているようです。

このようにトレッキングでは登山の時のような重装備でなくともできるというお手軽感もあって夏場などに軽装で出かける人たちが天候の急変で、遭難するということも起きていますので侮らないようにしたいですね。

本格的な登山をするときのような重装備は必要ないとしても、万一というときに備えて、日帰りといえども必要最低限の備えは怠らないようにしてください。

特に最近は天候の急変が山のみならず多発しているのは感じておられると思いますが、夏でも防寒対策、雨具・非常食あと暗くなっても動くことのできるように懐中電灯かヘッドランプを携行した方がいいでしょう。

それとトレッキングは基本的に普段歩いているような平坦な道は少なく山坂の多い道ですので意外と体力が要求されます。トレッキングを楽しむためにも日常の生活の中でウォーキングなどで体力をつけておきたいものですね。

あと気をつけたいのがマナーですが他の方が挨拶をされた時などに挨拶をし返すなどは当たり前で、ごみを捨てないつまり山を汚さない、勝手に花や野草などを持ち帰らないなどのマナー違反に注意したいものですね。

トレッキングシューズは必需品!

トレッキングには必ずトレッキングシューズを使用してほしいと思っています。なぜなら、普通のスポーツシューズなどでも大丈夫と思われがちですが山は低山といえども坂もあって平坦な道と違って、滑りやすい、特に雨降りのときや降った後には注意が必要です。

シューズ選びも大切で、私はゴアテックス素材のものが値段が少しくらい高くても安全性を重視すればやはり一番かなと思っています。

ゴアテックスパーカー ・ゴアテックスレインウェアの素材であるゴアテックスは水を揮き、湿気を逃がすという特性があるのでアンダーウェアアなどもこの素材のものを徐々に揃えていくのも良いでしょう。

トレッキングシューズを初めて購入するという方はハイカットのものが足首なども守れてねん挫とかもしにくくなりますのでおススメです。

あと、自分の足に合わないサイズを選んでしまうとマメを作ってしまったりするのでサイズは一度履いたりして必ず自分の足形にジャストフィットするものを選びましょう。

現在ではネット通販で買う方も多くなっているので、老婆心ながら付け加えておきました。参考にしていただければ幸いです。

プランターならベランダ菜園も簡単!

家庭菜園を始めるにあたって肝心なことに土作りがあります。育てたい作物ごとでその作物に合う土は違うことから、それに適した土を作ることから始めることになります。

 

適合した良い土で育てられた作物は害虫などの被害を受けにくく、また病気などにもかかりにくくそのうえ味も良く育つのです。
 
まず、どんな植物、どんな野菜を育てるのかを決めることが一番先の手順です。それに合わせた土を作ることから始めることになります。

 

ほとんどの野菜はその土壌のpH値が弱酸性から中性の土を好むのですが、日本では大体の土が酸性なのですね。

 

酸性の土を中和させるのには石灰でpH調整を行います。野菜の生育にはカリ、窒素、それにリン酸のバランスが大事ですが、どの成分が不足しているかが分かっていれば不足している成分を混ぜ入れて調整するといいです。
 
あと、生育環境としては通気性や水はけなどにも気を付けなければなりません。育てたい植物に適した土が準備できたら栄養分として肥料を与えてあげましょう。

 

ただし、育てたい植物ごと好みの養分が違っているのであまり詳しくない方は、詳しい人に聞く、ネットで調べるなどしてください。

 

今はホームセンターなどのガーデニングコーナーなどでも植物ごとの適合した培養土が売られているのでそれを利用するのも手間のかからない方法ですね。

 

また、そこに勤めている方はある程度ガーデニングや家庭菜園などに詳しいことも多いので相談してみるのもありですね。

 

ただ、ご自身の育てたい植物に適した培養土が売られてなかったり、一から自分で作りたいという方は、まず土作りに必要な材料から用意する必要があります。
 
お住まいがマンションなどで庭がないと家庭菜園やガーデニングができないかというとそうでもありません。

 

現在はプランターなどを使って気軽にベランダ菜園 を始める人もいます。ただ、プランターの欠点として土の量が少ないということで植物の生育環境の維持が難しいという面があります。

 

また、生育環境という点ではベランダなどを利用した環境であることから日照が少なかったり通気性の問題などもあります。

 

家庭菜園トマトなど、一度使った土をを再度利用しようとするときは、基本的には土が痩せている、害虫の卵などが混ざっているなどに注意を払う必要があります。

 

そんな土の再生方法は次のような手順で行うといいでしょう。まず、土を乾燥させてから、次に、土に混ざっている根・葉などをふるいにかけて取り除き、その土を黒い袋に入れて日光を当てて消毒します。

 

その後で、酸を石灰を入れて中和し、作物に合わせた腐葉土などを入れて数日間寝かしたら再利用が可能な土になります。

 

これが最良ということではなくできる限り新しく土を作る方があとあとの問題がないようです。参考にしてみてください。